2007年10月10日

価値観の違い。

最近預かりわんこもなく遊び人と化している管理人でございます。

気づいたらヒメちんとの親密度がグングンあがっておりました。
良い悪いは別にして、今では私の膝=ヒメの椅子状態です。

とまあ、のんべんだらりとした生活ですが、東京都収容動物はほぼ毎日見ております。

そしてテリア&シェルティー好き、雑種(洋犬MIX)好きを再認識。
(もちろん他のワンコも大好きですよ。とりわけ、というところです)

既に他界した先代犬がテリアMIXだったのがかなり影響しているんですが、思えば昔からふわふわもこもこが大好きでした。

幼稚園児の頃は近所の超巨大犬(秋田MIX?)LOVEで咬むからダメって言われてるのに根拠もなく大丈夫と言い張りばっちり大怪我をし(実は今でもうっすら跡が残ってます(笑))小学校に上がると通学途中のグレートピレニーズ(老犬だったからか常に寝ているだけ)を愛でずにはおられず…。


ふわふわもこもこなら大きくても全然OKだった怖いもの知らずな私(笑)
あ、でも短毛MIXも好きだったか…。
ただふわふわもこもこ>短毛なだけで。

一方ダンナはヒメが初めてのわんこ。

預かり許可は出してくれたものの「抱っこできること」という条件付。
ウェンディさんは抱っこできたので11kgまではOKだと思うのですが、中型、大型というとNGをくらいます。
「何か(病気とか)あったときどうするの?」というのがダンナの言い分。
私としては家に台車があるからなんとかそれに乗せられれば近所の動物病院(徒歩10分内)くらいならいけると思ってるんですが、それは大丈夫とは言わないらしいです。

まぁわからなくもない。

でもそうすると大型犬とは一生縁がないことになるのですねー。
ダンナの夢は大きいワンコに子守してもらうことだったらしいですが。

そういやヒメちんを飼う前里親検討していたのはボーダーコリーでした。
(運動量やらなんやらで結局ダックスを検討していたのに気づいたらヨーキーでした。しかもペットショップから(汗))

ひねくれ(屁理屈)モードになっているときなら「ダンナになんかあったとき抱えられないからダメってこと?」とか「抱っこできないと介護できないっていうなら老人介護はどうなんさ」とか言いたくなりますが、そこは人と犬の違いだと言われるんでしょうなぁ。

基本的な考えが違う以上、仕方がないのですが、折角中型でも大型でもOKな家にいるのに勿体無いよなーと思ってしまうのです(ビバ俺様)。

大型の子って結構気立て良いと思うんだけどなー。

多少ガンコなワンコでもガチンコ勝負するくらいの根性はあるんだけどなー。
(寧ろ壊れそうなくらい華奢な子の方が苦手かも。)

とはいえ私自身、小型犬しか飼ったことが無いのであまり強くいえません。
でも中型犬の預かり回数増やしてもらってお互い慣れていって、すこーーしずつサイズアップしていけばいつか大型OKって言ってもらえるかな?
12kg→14kg→16kgとか(笑)
posted by chibi at 01:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 一時預かり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59887286

この記事へのトラックバック

介護用品について
Excerpt: 介護用品や福祉用具は購入するものとレンタルできるものがあります。 介護福祉の専門店にも色々なものがあり介護用品の購入やレンタル、改修と全範囲で手がけている店もあるようです。
Weblog: 介護を語る・・・
Tracked: 2007-10-10 09:37