2005年07月13日

近所の松屋にご立腹

昨日の夜、近所の松屋に行ったのですが、飲食店であそこまで腹がたったのは初めてです。

店員さんがとてもとても巨漢で、3歩歩くと息切れ。汗だく。
そして常に手が震えているので見ていて危なっかしい。
そして仕事が遅い。
要領悪すぎ。
そして仕事が雑。

ミニ豚丼と豚汁を頼んだのですが、ちょうど豚汁のストックが切れていたらしくなかなか出てこず。
巨漢店員が作ろうとするも、その間に調理場では他の人のオーダーをこなしてしまうので作るのもそこそこにお客さんに渡しに行くわけです。
当然、豚汁はストップし、豚丼が先に来ますね〜。

というか何故豆腐のパックを開けるのに1分以上かかるか。
豆腐切るのに2分以上かかるか。
(ちなみにダンナは生タマゴも注文してたのですが、忘れられていたので「すいません、たまご!」って言ってました。)

豚汁が出てきたのは豚丼を食べ終わる直前。
どうしろと?

しかも作ってるところを見ていたら、豚汁用のタッパを奥からだしてきたんですが…どうみても洗ってないやつで作ってたんですよ!

それを出すのか!!
って感じで他のお客もひいてました。

そして出てきた豚汁は熱すぎてとても飲めない状態でした…。

今度からあの店員の時は行かないと心に決めました。
すっごい気分悪かったです。
(あの店員でなくても当分行きたくないけど)

初めて行った店だったらもう2度と行かないですね。
posted by chibi at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック