2005年06月27日

直下型地震の恐れある主要活断層、新たに12か所

直下型地震の恐れのある断層が新たに12か所追加されたみたいですね。
これまで98箇所だったのがこれで110箇所になると読売新聞の記事に書いていました。
(毎度のごとく、私が見ているのはYahoo!Newsのトピックスですが)

最近、地震が多いみたいですし心配ですね。

高校のとき、地学の先生から聞いて驚いたのが「滋賀県はまわり全部、断層になってるから大きな地震がきたら大変」ということと「地学的な時間感覚でいうと滋賀県もそろそろ大きな地震がくるはず」という話。
(いい加減うろ覚えですが。)

地学的な時間感覚では100年周期くらいで起こってるはずの地震が、前に起きてから数十年経っているから起こっても不思議はないよ、ということらしいです。

滋賀県は比較的災害の起こらない県らしく、全般的に防災意識が低いらしいです。(と生粋の関東人な友人に怒られたこと有り。)
阪神大震災でその辺りも変わったかもしれませんが。

なんにせよ、何もないのが一番ですが。
posted by chibi at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4662237

この記事へのトラックバック